永源寺こんにゃく・赤こんにゃく 通販・お取り寄せは?買える場所は?青空レストラン・滋賀

11/5の青空レストランは、永源寺こんにゃく!

こんにゃく芋から作られる永源寺こんにゃくが、滋賀名物の赤こんにゃく等いろいろなレシピで登場しそうです。

そこで今回は、永源寺こんにゃくの買える場所や滋賀の赤こんにゃく等の通販・お取り寄せ情報をチェックしてみます。!

満点青空レストラン・滋賀県東近江市

秋の代表的な味覚の1つといえば、芋!

満点青空レストランでも、サツマイモや里芋など、秋になって芋が増えてきましたが…

砂里芋(さりいも)青空レストランの新潟里芋 お取り寄せ・通販
10/15の青空レストランの主役は砂里芋(さりいも)! 新潟県のブランド野菜で、砂地で作られる里芋は… 通販でもお取り寄せできます! (なお、9月30日の青空...
青空レストランの五郎島金時(石川のサツマイモ)は通販・お取り寄せできる!
9/10の青空レストランは、サツマイモ! 五郎島金時という、石川県の砂丘の砂で育つサツマイモが紹介されます。 五郎島金時 9月になって、いよいよ収穫の秋。 9/10の満点青空レ...

11月5日の青空レストランは、芋は芋でもこんにゃく芋。

コンニャクが主役の食材で、お取り寄せも牛×こんにゃくのすじこんです。

そのこんにゃくといえば、群馬県があまりにも有名ですが…

次回の青空レストランで、MCの宮川・うまーい・大輔さんとゲストの豊田・IKKO・一幸さんが向かうのは、滋賀県東近江市。

そして、その東近江市の名物こんにゃくが…

スポンサーリンク

永源寺こんにゃく

永源寺こんにゃくです。

こんにゃくに名前がついているように、この永源寺こんにゃくの始まりといわれているのは、滋賀県東近江市にある永源寺で…

開祖が数百年前に滋賀にこんにゃく芋を持ち帰り広めた模様。

現在では、紅葉と並ぶ永源寺の名物になっています。


永源寺 糸こん

赤こんにゃく

ちなみに、名物のコンニャクと紅葉のつながりは赤。

青空レストランでは、赤と白の永源寺こんにゃくが紹介されそうです。

特に珍しいのは、赤こんにゃく。

一般的にはあまり見かけない派手めな朱色のこんにゃくですが、近江八幡など滋賀県では普通になっています。

また、唐辛子色なので一見辛そうですが、実は赤いのは鉄分(三二酸化鉄)等の模様。

番組では、その赤こんにゃくは、レバ刺し風な「刺身こんにゃく」や「コンニャクから揚げ」、「牛すじこんにゃく」になり…

すじこん 通販でお取り寄せ可! 近江牛すじ&赤こんにゃく 青空レストラン もーれつや
11/5の青空レストランに、すじこん(牛すじこんにゃく)が登場! 近江牛すじ肉と赤こんにゃくで作る滋賀・もーれつやのすじこんは… 通販でもお取り寄せできます! 青空レストラ...

また、白こんにゃくの「からし酢味噌和え」や「味噌田楽」といったレシピに。

他にも、「明太子炒め」や「餃子」のメニュー等、こんにゃくフルコースが披露されそうです。

もみじ農園こんにゃく工房

ちなみに、青空レストランで紹介されるのは、もみじ農園こんにゃく工房の永源寺こんにゃく。

東近江市永源寺でこんにゃく芋栽培し、そのこんにゃく芋を生芋のまま使い、バタ練りという昔ながらの伝統製法で、加工製造まで行う専門店です。

素材そのものの味はもちろん、手作業で粗く不揃いなため、その食感と味がしみ込みやすいというのも人気の秘密の模様。

通販・お取り寄せ、買える場所情報

そのもみじ農園こんにゃく工房の永源寺こんにゃくは、11/5の青空レストランでのオリジナルのお取り寄せにもなるので、日テレショップの通販で購入可能。

また、東近江市食と匠の会のホームページによると、道の駅あいとうマーガレットステーション・ふるさと市場・八日市やさい村でも販売されていた模様

アマゾンや楽天の通販では、もみじ農園こんにゃく工房の永源寺こんにゃくはなくても、滋賀県の名産・赤こんにゃくは販売されています。

まとめ

まとめると…

  • 11/5の満点青空レストランは、永源寺こんにゃく!
  • 滋賀県東近江市永源寺の名物!
  • 白コンニャクと滋賀名物の赤こんにゃくでコンニャクフルコースレシピ!
  • 通販でもお取り寄せ可能!

でした。

スポンサーリンク