ガッテン流コラーゲン活用術&ゼラチンレシピ(炊飯器でチャーハンの作り方)

3月1日のガッテンは、コラーゲン!

肌の水分・潤いやしわ対策など、肌の状態を良くし、プルプルお肌と美容の強い味方になってくれそうなコラーゲンは、サプリメント等の健康食品でも人気ですが…

今日のガッテンでは、コラーゲンは効くのか?効かないのか?から、効き目が出やすい人、効率的な摂取方法など、コラーゲン効果100%活用術と、その1つとして、ゼラチンを使ったチャーハンのレシピなどが紹介されました。

ためしてガッテン 3月1日

ためしてガッテンからガッテンへ変わっても、相変わらず、健康や食等、色々な分野で毎週ためしてくれるガッテン!

時々それが過ぎることもありますが…

今週も、元気に放送です。

そんなガッテンの今日3月1日のテーマは…

スポンサーリンク

コラーゲン活用術

コラーゲン。

「決定版!コラーゲンの効果100%活用SP」と題し、最近はで、美容だけじゃなく、医療でも注目されているというコラーゲンが特集されました。

そのコラーゲンといえば、人の皮膚や骨などを作るたんぱく質の1つ。

特に皮膚の一部には多く含まれていて、肌にハリや弾力を与えてくれます。

一方で、年を重ねるごとに体内のコラーゲンは失われていき…

同時に、年齢とともに肌の弾力やハリ、さらには、シワやスジも気になるもの。

そのため、コラーゲンは、お肌プルプルというイメージで…

潤いを謳うサプリメントや化粧水などはすっかり定着し、最近では、コラーゲン鍋も人気になっています。

そんなコラーゲン効果を試すため、今日のガッテンで行われたのは、4週間コラーゲンを飲む実験。

純度100%のコラーゲン粉末5gを4週間飲んだ後の肌の水分やシワなどを調査しました。

その結果は、なんと半々。

6人中3人が水分もシワも改善し、残りの3人には肌の状態の良化は見られませんでした。

その差として紹介されたのは、ダメージがあったかどうか。

ケガや肌にダメージがあったり、炎症のある人の方が効果が出やすいということで、コラーゲンがオススメの人として挙がっています。

実際に医療(褥瘡・床ずれ)の現場では、傷や肌等を再生するために、コラーゲン配合の食品が推奨されていたり…

城西大学の駅伝部でも、コラーゲンを食事で取り入れている模様。

ちなみに、今日のガッテンでは、自分で肌に傷をつけ、コラーゲンを2週間飲んだ時と飲まなかった時を比較するという、斜め上な実験を試しましたが…

コラーゲンを飲んだ方が、見事に傷の治りが早くなっていました。

また、ドイツでは、関節炎(軟骨)の治療に使われていたり…

愛媛大学の実験では、コラーゲンを飲んだ方が血管年齢が若くなった模様。

ゼラチン

また、今日のガッテンでは、コラーゲンほどの吸収量ではないけど、中身が似ていて保水力のあるゼラチンを使った料理のレシピが紹介されました。

ゼラチン×チャーハン

その1つが、ゼラチンを使ったチャーハン。

レシピ(3~4人前)は…

  • 米:2合
  • ゼラチン:小さじ1
  • 焼豚(5mm角):50g
  • 塩:小さじ1

で、作り方は…

  1. ご飯を炊く水は少な目
  2. お湯(大さじ1)で溶いたゼラチン、焼き豚、塩も炊飯器に入れ炊く

という、炊飯器だけで作るゼラチンチャーハンでした。

もちろん、使う油も少なく(フライパンで作る油の1/30)て、カロリーは100kcalも少なくなった模様。

ゼラチン×パスタ・スープ

また、1人前につき2gのゼラチンをソースに混ぜるゼラチン×パスタ。

さらに、スープの量に対し、1%のゼラチンを混ぜるゼラチン×スープは、コクが出て美味しくなるという感想でした。

まとめ

まとめると…

  • 3月1日のガッテンは、コラーゲン!
  • 美容・お肌に効くコラーゲンは、傷の治りも早くする?
  • よく効くのは、肌などにダメージのある人!
  • 炊飯器で作るゼラチン×チャーハンのレシピも紹介!

でした。

スポンサーリンク