ガッテン 骨ホルモンを増やす方法・やり方

2月15日のガッテンで、骨ホルモンを放出するが裏ワザが紹介。

骨の新しい働きで、高血糖値が低下したり、色々な臓器を活性化するということが最近分かってきたというスーパーホルモン・骨ホルモンですが…

その骨ホルモンを放出するため、骨を効率よく刺激するガッテン流の方法が、かかと落としです。

ためしてガッテン

ためしてガッテンからガッテンへ変わっても、相変わらず色々ためしてくれるガッテン!

毎週、健康や食等、色々な分野をテーマに試しています。

そんなガッテンの今週は、先週の冷え性・血管のばしに引き続き…

血管のばし(ガッテン 冷え性対策体操)ストレッチの方法・やり方
2月8日のガッテンで、血管のばしストレッチが紹介されました。 この血管のばしとは、冷え性と血管若返り術で紹介された新ワザ! ガッテンで3週間ためしてみたところ、老化...

健康がテーマ。

脳を活性化!血糖値ダウン!という…

スポンサーリンク

骨ホルモン

骨ホルモンがテーマです。

ちなみに、この骨ホルモンとは、オステオカルシンという物質のガッテン流の別名。

骨の中に隠れていて、骨を刺激することで放出されます。

その骨ホルモンが最近注目されて理由は、最新研究で分かってきたという健康面に与える働き。

脳の他、すい臓や肝臓など、色々な臓器を活性化させる働きがあり、高血糖を低下させたり、認知症を予防する可能性も紹介されました。

逆に少ないと、糖尿病や動脈硬化の原因になることもある模様。

ちなみにガッテンの被験者でも、オステオカルシンの値が少ない人は、骨密度に問題がなくても、高血糖の傾向がありました。

骨ホルモンを効率よく放出する方法

そんな骨ホルモン・オステオカルシンを放出方法としてガッテンで紹介されたのは、1日1分でできる簡単な新習慣。

それが、かかと落としです。

このかかと落としは、骨を効率よく刺激し、骨ホルモンを放出するガッテン流の裏ワザ。

骨ホルモンを放出することで、高血糖値を低下させたり、脳を元気にすると紹介された方法です。

ちなみに、このかかと落としの具体的なやり方は…

  1. まっすぐ立つ(姿勢よく)
  2. ゆっくり大きく伸びあがるようにかかとを上げる(一直線になるように背伸び状態)
  3. かかとを床に落とす(ストーンと)

という簡単な方法。

回数も1日30回以上が目安の新習慣で…

電車の中でもできそうなのがメリットです。

ちなみにガッテンの被験者が1週間かかと落としを実践したところ、多くの人のオステオカルシンの値が上昇し、さらに高血糖値も改善していました。

まとめ

まとめると…

  • 2月15日のガッテンは、骨ホルモン・オステオカルシン!
  • 最近注目の骨の新しい働き!
  • 高血糖値を改善し、色々な臓器を活性化?
  • 骨を効率よく刺激することで放出!
  • ガッテン流の裏ワザのやり方・方法は、かかとおとし!

でした。

スポンサーリンク