ガッテン流アンチエイジング術は耳石刺激で老化対策(NASA直伝)

11/16のガッテンは、NASA直伝アンチエイジング術・耳石。

体の老化現象を遅らせるアンチエイジング術として…

NASA直伝という耳石(じせき)を刺激する方法が紹介されました。

スポンサーリンク

ガッテン・アンチエイジング(老化対策)

今週は、アンチエイジングをためしてガッテン!

毎週色々なためしがあるガッテンですが…

11月16日は、若々しさ・アンチエイジングがテーマです。

そのアンチエイジングで大事なのは、老化対策。

年を重ねるごとに増えていく、肌トラブルや関節の不調や痛みから、知らぬ間に進行するメタボや生活習慣病等、人間の老化現象と、老化対策は人間の永遠のテーマにもなっていますが…

そのアンチエイジング術の1つが、今日のガッテンで紹介されています。

しかも、その方法とは…

NASA直伝

NASA直伝の魅惑のアンチエイジング術(ガッテン流)。

無重力の宇宙で生活することにより、筋力や骨量(骨密度)の低下といった体の老化が、地球にいた時の10倍も進んでいること。

つまり、宇宙飛行士の老化現象が早いことから、NASAが行った老化防止プログラムからたどり着いたという方法です。

そして、そのキーワードというのが…

耳石(じせき)

耳石(じせき)でした。

ちなみに耳石は、人の耳の中・三半規管の近くで内耳にある器官。

産毛の上に石のようなものがあり、その石で重力を感じられる機能がありますが…

無重力では耳石が浮き、機能が低下します。

そのため、宇宙から帰還したNASAの宇宙飛行士は、平衡感覚をつかさどる機能(耳石など)が衰え、転倒したりすることがある模様。

つまり、宇宙にいると耳石の機能低下が大きいため…

この耳石が、老化スピードを大きく左右するものと紹介されました。

座り続けると寿命が短く?

同じように、座り続けることは、耳石が動かない状態で…

無重力の宇宙と同じように、耳石の機能が低下します。

それにより、めまいの原因になったり自律神経が低下したり、さらには、免疫力の低下・代謝異常(脂質・等)等老化の原因になる模様(1時間で22分も寿命が短く短縮?)。

つまり、重力があっても、耳石が刺激されない座りすぎ状態は…

脳にも身体にも悪影響ということです。

30分ごとに立ち上がる・対策法

逆に、耳石を刺激することで、細胞を活性化させ老化を防止し、筋力や骨量(骨密度)の増加や、代謝をアップさせ脂肪やコレステロールを減少(ダイエット?)させようというのが、今回のガッテンの対策法でした。

実際、ゆりかごで赤ちゃんを揺らす(耳石刺激する)では、筋力などがアップした実験もある模様。

一方、ガッテンで紹介されたNASA直伝アンチエイジング術は、立つこと。

それも、30分ごとに立ち上がることです。

ただそれだけですが、歩くことより、立ち上がるという動作の方が効果がある模様。

これにより耳石を刺激し、老化防止に役立てるというもので…

ガッテンの実験(30分ごとに立ち上がる)でも、中性脂肪やコレステロールの改善効果が現れていました。

なお、立ち上がれない場合は、頭を持ちあげるだけでも少しは刺激されるようです。

まとめ

まとめると…

  • 11月16日のガッテンは、アンチエイジング!
  • 体の老化防止策として、NASA直伝アンチエイジング術が紹介!
  • それが、耳石を刺激すること!
  • そのためにも、30分に一度立ち上がる!

でした。

スポンサーリンク