紅はるか(サツマイモ)の通販・お取り寄せ!ごはんジャパンは茨城ひたちなか

11/12のごはんジャパンは、サツマイモ・紅はるか(べにはるか)!

茨城県ひたちなか市で、甘くシットリした育った紅はるかが紹介されます。

そこで今回は、そのサツマイモの通販・お取り寄せ情報をチェックします。

ごはんジャパン・サツマイモ

11月12日のごはんジャパンの食材は、秋の味覚・芋!

青空レストランが山芋なら…

ごはんジャパンはサツマイモで、今週の土曜の夕方は、奇しくも芋対決になりました。

そんな次回のごはんジャパンで紹介されるサツマイモは…

スポンサーリンク

紅はるか(べにはるか)

紅はるか(べにはるか)。


【紅はるか】さつまいも《秀品》【大・特大サイズ限定!】高い糖度としっとりとした食感

最近品種登録されたばかりの新しいサツマイモですが…

そのおいしさから、最近特に人気になっている話題の品種です。

甘くてシットリ

その紅はるかの人気の秘密の1つが、甘さ。

サツマイモの中でも、糖度の高い品種といわれています。

特に焼いたり蒸したりすると、蜜がしたたるような甘い蜜芋になる紅はるかもある模様。

また、加熱することでその食感は、ホクホクよりもシットリ系になるのも紅はるかの特長で…

その甘くしっとりした味わいは、特に最近流行りの焼き芋です。

また、その甘さやシットリ感をさらに進めるのが、次回のごはんジャパンで紹介されるキュアリング。

収穫後のサツマイモを貯蔵する方法の一種で、温度や湿度を管理することで…

このキュアリングにより、さらに甘くシットリの紅はるかになります。

茨城県ひたちなか市

その紅はるかの産地として、次回のごはんジャパンで紹介されるのは、茨城県ひたちなか市。

サツマイモ(甘藷)といえば、鹿児島県が大産地として有名ですが…

実は、茨城県は、全国2位の収穫量を誇るサツマイモ王国です。

特に、そのサツマイモを蒸して乾燥させた干し芋は、ダントツ1位の名産地。

茨城県の特産品の1つにもなっていますが…

その茨城の中でも、ひたちなか市での生産量が有名です。

また、そのひたちなかを中心とした「ほしいも協議会」では、サツマイモの匠ともいえるような、ほしいも三ツ星生産者認定制度や毎年品評会も実施。

品評会では、昨年度(平成27年)からは、べにはるかの部も新設され、ひたちなかの川又さん(川又農産?)が金賞を、黒澤さん(黒沢農業?)等が銀賞を受賞しています。

また、ひたちなかの三ツ星生産者としては、ごはんジャパン出演の安さん(安物産?)や飛田さん(ニチノウ飛田?)、幸田農園(幸田商店)等が認定されており…

お取り寄せ・通販情報

その紅はるかは、通販でもお取り寄せできます。

ちなみに、紅はるかを求め、陣内孝則さんと一緒に茨城県ひたちなか市に向かうのは、パティシエ・高木康政さん。

ル パティシエタカギのオーナーシェフで、次回のごはんジャパンでは、紅はるかを使った絶品スイーツ・サツマイモのミルフィーユ仕立てを作ります。

まとめ

まとめると…

  • 11/12のごはんジャパンは、サツマイモ!
  • 茨城県産・紅はるかが登場!
  • パティシエ・高木康政さんと陣内孝則さんが行くのは、ひたちなか市!
  • キュアリングで甘くてシットリ
  • 通販でのお取り寄せは?

でした。

スポンサーリンク