林先生が驚く初耳学 ペーパーアート(太田隆司・360°BOOK)&最新ハサミ・ベルヌーイカーブ

11/20の林先生が驚く初耳学に、ペーパーアートが登場!

360度開くと富士山などが完成する360°BOOKや、色紙を切り抜き何重にも重ね合わせることで2.5次元を生むペーパークラフトアーティスト・太田隆司さんの他…

最新のハサミ(ベルヌーイカーブを使用)を紹介しました。

林先生が驚く初耳学・ペーパーアート&最新ハサミ

毎回毎回色々なジャンルの問題で、林修先生に挑戦する林先生が驚く初耳学。

11月20日も…

  • ペーパーアートと最新ハサミの切れ味
  • 消えた後のロウソク
  • 肉の品質
  • 夜のポテチ
  • 富士屋ホテル
  • 7年間フルーツだけの研究家の「食後のフルーツ」

等、幅広い問題が出題です。

中でも一番気になったのは…

スポンサーリンク

ペーパーアート、360°BOOK・太田隆司

ペーパーアート。

今話題の芸術作品として紹介される、紙だけで作られるアートで…

その1つが、本を開き切ると、富士山などの立体の絵が完成する360°BOOKです。

(12月14日のヒルナンデス・林家たい平&ミッツのデートでも登場!)

また、360°ブックの他、今日の林先生の初耳学で紹介されたペーパーアートは…

  • どこから見ても立体の切り絵というわけではなく
  • かといって、紙に色を塗る2次元絵でもなく

色のついた紙を切り抜き、微妙に重ね合わせ(1000以上のパーツ!?)ていくことで、ある角度から見ると奥行きのある描写が完成する作品。

2.5次元と紹介されたペーパークラフトアートでした。

そんなペーパークラフトのアーティストとして登場したのは、太田隆司(おおたたかし)さん。

各地で個展を開催するほか、TVチャンピオンのペーパークラフト王選手権優勝者で…

何重にも重ね合わせた紙だけで、そのリアルな立体感や曲線・奥ゆきを表現する作品が人気の紙の魔術師です。

最新のハサミ・ベルヌーイカーブ

そんなペーパーアートに関して、林修先生への出題はハサミについて。

最新のハサミの切れ味に隠された秘密です。

その秘密とは、ベルヌーイの螺旋(らせん)を応用し、常に同じ切れ味をキープすること。

刃の部分がベルヌーイカーブのハサミが、林先生が驚く初耳学で最新ハサミとして登場しました。

ちなみに、ベルヌーイカーブを採用した最新のハサミは、アマゾンや楽天の通販でも販売されていて、通販で購入可能です。

まとめ

まとめると…

  • 11月20日の林先生が驚く初耳学に、太田隆司さんが登場!
  • 紙の魔術師といわれるペーパークラフトアーティスト!
  • 紙だけを重ねるて作る2.5次元のペーパーアートが人気!
  • 問題は、最新ハサミ・ベルヌーイカーブの切れ味の秘密!
  • もちろん通販でも購入可能!

でした。

スポンサーリンク