駅そば常盤軒(音威子府・おといねっぷ)の真っ黒いそば!沸騰ワード10に登場?

9/30の沸騰ワード10に、音威子府(おといねっぷ)の駅そばが登場します。

その音威子府の駅そばといえば、常盤軒(ときわけん)。

北海道の音威子府(おといねっぷ)駅にあるため、秘境の駅そばとも言われつつ…

真っ黒いそばが有名で、行列ができることもある日本一うまい駅そばとも言われる立ち食いソバ店です。

沸騰ワード10・そば業界

9月30日の沸騰ワード10は、2時間スペシャル。

いつもより長い時間ということで…

と、レギュラー化したタケノコ王以外にも内容盛りだくさんです。

特に多いのは、そば業界。

夢見そばや音威子府の駅そば、究極の塩ダシ・そば助等が紹介されるようですが…

スポンサーリンク

常盤軒・音威子府(おといねっぷ)の駅そば

今回チェックするのは、音威子府の駅そばです。

その駅そばというのが、常盤軒(ときわけん)。

音威子府駅内にある、立ち食いソバの駅そばです。

真っ黒いそば、日本一うまい駅そば

その常盤軒の蕎麦は、真っ黒いそばとしても有名。

しかも、常盤軒の黒いそばは、ただ黒いだけじゃなく、そのおいしさも有名で、以前テレビでは、日本一うまい駅そばとしても紹介されています。

そのため、交通の便があまりいい場所ではないにもかかわらず、その黒いそば目当てに行列ができることもある模様。

秘境の駅そば

ちなみに、常盤軒のある音威子府駅があるのは、北海道の北側で、旭川と稚内を結ぶ宗谷本線の駅の1つです。

しかも、常盤軒の営業時間中に、食べに行ける電車は1日わずかのようで…

そのため、次回9/30の沸騰ワード10では、東京から9時間もかかる秘境の駅そばとして紹介される模様。

実際、音威子府村は、道内でも人口が少ない村で、村自体も「北海道で一番小さな村」を自称しているため、その駅にある常盤軒も、秘境の駅そばと言われてもおかしくないようです。

まとめ

まとめると…

  • 9/30の沸騰ワード10に、北海道音威子府の駅そば登場!
  • 音威子府の駅そばで有名なのは、常盤軒!
  • 真っ黒いそばは、日本一うまい駅そばともいわれる蕎麦!
  • その一方で、東京からは9時間?電車も多くなく、日本一行きにくい秘境の駅そばともいわれる蕎麦!

でした。

夢見そば 沸騰ワード10に!だし汁使わず水で食べる水そばが桐屋夢見亭(福島・会津若松)水を使わず牛乳で打つのが中標津の夢見そば
9/30の沸騰ワード10に、夢見そばが登場します。 その夢見そばとは、普通の蕎麦で使われる何かを使わない蕎麦。 そんな夢見そばで有名なのは、汁が水だけの桐屋夢見亭(福島会津)の...
スポンサーリンク