塩引き鮭(新潟・村上・きっかわ)通販・お取り寄せ ニッポンのミカタ

塩引き鮭が、たけしのニッポンのミカタ(12月16日)に登場!

新潟の城下町・村上市の鮭料理は、1000年の歴史があり、今も100種類の鮭料理がありますが…

その1つが、鮭に塩をすり込み、熟成・発酵させるという塩引き鮭。

ニッポンのミカタでは、きっかわ(喜っ川)の鮭の塩引きが紹介されますが…

通販でもお取り寄せできます。

たけしのニッポンのミカタ 年の瀬に稼ぐ仕事

ビートたけし&TOKIO国分太一がMCをするたけしのニッポンのミカタ。

次回12月16日は、寒くてフトコロぽっかぽか年の瀬に稼ぐ仕事人!SPと題して、2時間スペシャルです。

紹介されるテーマは…

の5つ。

中でも一番おいしそうなのが…

スポンサーリンク

塩引き鮭

塩引き鮭です。

この塩引き鮭とは、鮭に塩をすり込み、じっくりと冷たい風にさらし、熟成・発酵させたという鮭料理。

低温多湿の風に数週間から1か月近くもゆっくりとさらすことで、旨み成分のアミノ酸が熟成・発酵し…

新巻鮭や塩鮭とはまた違った旨みや独特のおいしさが生まれる模様。

新潟県村上市・きっかわ(喜っ川)

その塩引き鮭を名物としているのが、新潟県村上市。

今日のたけしのニッポンのミカタでは、越後の城下町と紹介される町です。

この村上では、1000年以上前から鮭料理が食べられていたという古い歴史があり、さらに、江戸時代には鮭が収入源にもなっていた一方で、不漁となった後も川の工事や保護により鮭の増殖にも成功している模様。

そのため村上では、鮭は町をすくった恵みになっています。

もちろん現在でもその歴史は続き、伝統料理として、100種類もの鮭料理があるという鮭の町ですが…

その1番人気の鮭料理が、塩引鮭。

北西から吹く冷たい風にさらすため多くの鮭が吊るされる光景は、冬の村上の風物詩で、また、その冬の風で熟成される鮭の塩引きは、村上の名産物にもなっています。

そんな村上の塩引き鮭として、今日のニッポンのミカタで紹介されるのは、村上市にある 千年鮭・きっかわ。

今年「味匠 喜っ川」から名前が変わった「千年鮭 きっかわ」ですが、鮭料理の加工食品などを中心に、15代も続く老舗です。

そのきっかわでは、鮭の各部位を使い鮭料理の数々を製造販売していますが…

代表商品は、塩引き鮭。

職人の手によって仕込まれる塩引き鮭は、鮭と天然の粗塩だけがで作られる鮭料理で、3週間から1か月もの時間をかけ凝縮させたという旨みが自慢の逸品です。

通販・お取り寄せ

そんなきっかわの塩引き鮭は、お歳暮商品として東急百貨店のネットショッピングで販売(17日17時まで)されていて購入可能→お歳暮 [新潟]〈味匠 喜っ川〉新潟村上 鮭塩引き

また、きっかわ以外でも、村上では多くの加工業者が鮭の塩引きを名物として販売しているので…

アマゾンや楽天の通販でもお取り寄せ可能です。

まとめ

まとめると…

  • 12月16日のたけしのニッポンのミカタに、塩引き鮭が登場!
  • 新潟の城下町・村上市の名産で郷土料理の鮭料理!
  • 塩をすり込み、冷たい風でじっくり熟成発酵!
  • ニッポンのミカタでは、老舗・きっかわが登場!
  • 通販でもお取り寄せ可能!

でした。

スポンサーリンク