世界一受けたい授業 字がうまくなる方法(名前を上手に書く3つの極意)武田双雲

1週間で字がうまくなる方法が、世界一受けたい授業(6月10日)で紹介!

書道家の武田双雲先生が伝授する授業として、1週間で…

  • 文字が上手に書ける
  • 名前がうまくなる

という3つの極意が紹介されます。

世界一受けたい授業 6月10日

堺校長&くりぃむしちゅーがMCの世界一受けたい授業。

毎回その道の専門家が登場し、スペシャリストだからこそ知る新鮮な情報を教えてくれています。

そんな世界一受けたい授業の6月10日のテーマは3つ。

  • 字が上手になる方法
  • カビ・梅雨
  • 脂肪のサビ

の特集です。

中でも今回チェックするのが…

スポンサーリンク

字が上手になる方法

字が上手になる方法。

今日の世界一受けたい授業では、武田双雲先生が行います。

武田双雲

その武田双雲(たけだ そううん)といえば、NHK大河ドラマ・天地人(直江兼続)の題字を書いたことでも知られる書道家。

テレビなどにもたびたび登場している有名な書道家です。

そんな武田先生の授業というのが、字の上手な書き方講座。

名前が劇的に上手くなる方法などを紹介します。

ちなみに、この武田双雲先生は、以前は今でしょ講座にも登場。

  • 漢字を上手に書く方法
    • 決め三角の法則
    • モデルの法則
    • メリハリの法則
  • 筆ペンで上手に書く方法
    • オシャレ線
    • かすれ

等、5つの美文字の書き方・法則を紹介しています。

美文字の書き方5つの法則(キレイな文字)林修の今でしょ講座 武田双雲
林修の今でしょ講座(12月13日)で、美しい文字の書き方の5つの法則が公開! 書道家・武田双雲先生が教えるカッコいい美文字の書き方講座として… 漢字の書き方(決...

1週間で文字が上手くなる3つの極意

一方、今日の世界一受けたい授業で伝授するのは、1週間で文字が上手くなる3つの極意。

文字(特に名前の書き方)が劇的に変化する方法として…

  • ペンの持ち方と花丸を書く
  • チャー・シュー・メンと言いながら書く
  • 体を使ってポージングする

の3つに方法が紹介されました。

ペンの持ち方と花丸

その極意の1つが、花丸を書くこと。

花丸を書くことは…

  • 手の動きが大きい
  • 繰り返して書く

ため、自然と手の力が抜けるため、1週間で名前がうまくなる方法の1つとして紹介されました。

逆に、余計な力が入ってしまうのは、ペンの持ち方が尺取り虫型になっていること。

そのため正しい筆ペンの持ち方は…

  • 親指と人差し指を美しい丸にする
  • フワッと持つ
  • 力を抜くことがポイント

ということも紹介されています。

チャー・シュー・メン

2つ目の極意は、チャー・シュー・メンと言いながら書くこと。

通常は、パッパパッパと書いてしまうところを…

チャー・シュー・メンと言いながら書くと、文字の一角一角を丁寧に書くことできるので、1週間で名前がうまくなる方法の1つとして紹介されました。

体を使ってポージング

3つ目の極意は、ポージングすること。

体を使ってポージングしイメージすることで、文字(漢字)を立体的にとらえられるため、文字全体のバランスを養われ、1週間で名前がうまくなる方法の1つとして紹介されました。

ちなみに、かっこいい形(ポージング)になるのは…

  • 横線を斜め
  • どこか一カ所を長く書く

等。

また、その際のポイントとして…

  • 中心線を意識する
  • 画数が少ない字や辺・旁(つくり)は小さく書く
  • ただし、最初の文字の場合は大きくする

という方法も紹介されています。

まとめ

まとめると…

  • 6月10日の世界一受けたい授業に、武田双雲が登場!
  • 大河ドラマの題字も書いた有名書道家!
  • 週間で文字が上手くなる3つの極意を伝授!
  • 名前も劇的に上手くなる?
  • その方法・やり方とは?

でした。

スポンサーリンク