発酵あんこ(主治医が見つかる診療所)レシピ・作り方、通販・お取り寄せは?砂糖不使用で甘い炊飯器で作る小豆麹 ダイエット&美肌&便秘解消の発酵食品 ジャパニーズ健康食

発酵あんこのレシピ・作り方が主治医が見つかる診療所で紹介!

1月31日の主治医が見つかる診療所では…

  • 砂糖なしで甘い
  • 小豆と米麹のレシピ
  • 炊飯器で作る発酵食品
  • 発酵小豆や小豆麹ともいう
  • ダイエットや便秘解消、美肌で注目

という発酵あんこが、外国人が選ぶジャパニーズ健康食ベスト10の中に登場しそうです。

そこで今回は、今日の主治医が見つかる診療所で紹介されるかもしれない発酵あんこの特徴やレシピ・作り方、通販・お取り寄せ情報をまとめてチェックします。

主治医が見つかる診療所 外国人が選ぶジャパニーズ健康食

様々な分野の医師や専門家が登場し、医療や健康情報を紹介してくれる主治医が見つかる診療所。

毎回色々なテーマで、健康やダイエット方法などを紹介しています。

そんな主治医が見つかる診療所の今日1月31日のテーマは健康食。

特に、外国人が選ぶジャパニーズ健康食ベスト10と題し、10+1個の日本の健康食が特集されます。

なお、今日の主治医が見つかる診療で外国人が選ぶジャパニーズ健康食として紹介されるのは…

  • 枝豆
  • お好み焼き
  • おでん
  • ラーメン
  • 寿司

等。

健康に良さそうな食べ物から、日本人にとっては意外な食事まで、さまざまな健康食が登場します。

中でも今回チェックするジャパニーズ健康食は…

スポンサーリンク

発酵あんこ

あんこ。

特に、主治医のお得情報で紹介されそうな「発酵あんこ」というあんこです。

ちなみにあんこと言えば、どら焼きやぜんざい、饅頭などの和菓子の他、あんぱんやあんドーナツといった菓子や和スイーツの定番レシピの1つ。

小豆を煮て砂糖で練ったもので、その甘さがうれしい一方で、カロリーや甘さが気になり、健康食とは程遠いイメージがあります。

一方の発酵あんこは、同じ小豆を使いつつも、健康食としてのイメージが強い発酵食品なのが特徴。

しかも今日の主治医が見つかる診療所では…

  • 血糖値&便秘を解消
  • 美肌になる

と紹介されそうな発酵食品です。

小豆麹・発酵小豆、砂糖を使わず甘い

そんな発酵あんこは…

  1. 小豆を煮て
  2. 米麹を混ぜ
  3. 発酵させる

あんこのこと。

そのため、発酵あんこ以外では…

  • 小豆こうじ(小豆麹)
  • 発酵小豆

等とも言われる発酵食品です。

そんな発酵小豆の一番の特徴(あんことの違い)は、砂糖を使わず麹を使うこと。

小豆を煮て練るという部分の作り方は普通のあんこと一緒ですが…

砂糖を使わないのという作り方が大きな違いでポイントです。

一方で、砂糖を使わないことで物足りなくなりそうな甘さは、麹を使った発酵の力で補っているというのが特長。

糖度が高いものでは砂糖を使わなくても30度以上の甘さが出すことができるようで…

  • 砂糖不要の
  • ノンシュガーでも甘い
  • 小豆本来の甘さの

あんこ等とも呼ばれています。

ダイエット、美肌、血糖値・便秘解消

さらに、砂糖を使っていないのに甘いため、健康(体)に良さそうな甘いモノとして徐々に注目されている発酵あんこ。

発酵食品を積極的に摂りたい人だけじゃなく、甘いものは食べたいけどダイエットも気になる人等にも話題になっていて…

「こうじ酵素健康レシピ」では、ダイエット女子の強い味方として登場し(小豆こうじとして)、作り方やレシピも紹介されています。

なお、発酵あんこが健康食として注目されている理由は…

  • 砂糖不使用
  • 小豆パワー
  • 麹パワー
  • 発酵パワー

等。

太る原因の1つと言われている血糖値の急上昇を起こしやすい糖類で、カロリーも気になる砂糖を使っていない他…

  • 腸や便秘の関係する食物繊維
  • 免疫力やダイエットで注目のサポニン
  • 抗酸化作用のポリフェノール

といった小豆パワーや…

  • 美肌効果が期待されるアミノ酸を生む消化酵素
  • 肌とエネルギーの代謝のビタミンB2
  • 腸内環境に関係する菌

の麹パワーや発酵食品パワー等が注目されています。

そのため…

  • ダイエット
  • 美容・美肌
  • アンチエイジング
  • 便秘解消

で注目されている発酵あんこ。

今日の主治医が見つかる診療所でも…

  • 血糖値&便秘を解消
  • 美肌になる

健康食品として紹介されそうです。

レシピ・作り方(炊飯器で作る)

そんな発酵あんこ(小豆麹・発酵小豆)の一般的なレシピは…

  • 小豆
  • 米麹

が同量で、他には水と好みにより塩。

作り方は…

  1. 小豆を洗う
  2. 小豆を柔らかくなるまで煮る
  3. (方法は、鍋でコトコト煮込んだり圧力鍋や炊飯器を使う)
  4. 小豆が柔らかくなったら混ぜ合わせ水分は水で調節
  5. 温度が少し下がったら米麹も入れて混ぜる
  6. 炊飯器に入れ、フタの替わりに濡れ布巾をのせて保温
  7. 途中何度かかき混ぜながる(水分が足りなかったら熱すぎないお湯で調整)
  8. 5~8時間くらい発酵させる

等が一般的です。

なお、主治医が見つかる診療所で紹介されたレシピは…

  1. 小豆:100g
  2. 米麹:100g

の2つ。

作り方は…

  1. 小豆を鍋に入れ、浸るくらいの水も入れる
  2. 弱火で5分ほど茹でる
  3. 茹でたお湯は捨てて渋抜き
  4. 茹でた小豆と水300mlを鍋に入れ、さらに弱火で1時間ほど煮込む
  5. 煮た小豆を炊飯器に移して米麹と混ぜる
  6. 濡れ布巾をかぶせて保温モードで8時間寝かせる

と紹介されました。

通販・お取り寄せ、購入・販売

なお、この発酵あんこは、通販で販売している完成品は見つかりませんでしたが…

  • 小豆

等がセットになった「発酵あずきお試しキット」等は販売中。

また、レシピの基本になる小豆や米麹は、アマゾンや楽天の通販でも多くの種類が販売されていて、お取り寄せで購入できます。

まとめ

まとめると…

  • 1月31日の主治医が見つかる診療所は、外国人が選ぶジャパニーズ健康食ベスト10!
  • 意外な日本の健康食も登場!
  • その1つが、あんこ?
  • 発酵あんこも一緒に紹介?
  • 小豆こうじ・発酵小豆などとも呼ばれる発酵食品!
  • 砂糖を使っていないのに甘いあんこ!
  • 米麹の発酵パワーで甘くなる!
  • ダイエットや美容面でも注目!
  • ダイエット女子のミカタ・救世主?
  • 血糖値・便秘を解消&美肌になる健康食として登場!
  • レシピは小豆と米麹だけ?
  • 作り方は炊飯器でも可能?
  • 発酵あずきのお試しキットは通販でも販売されていて、お取り寄せでも購入可能!

でした。

スポンサーリンク